角館のお祭り - 秋田県仙北市角館

b0207218_2384069.jpg
2012.09.09 曳山ぶつけ (最終日の3日目)
秋田県人だがほとんど知らず、昨年 iibe.jp を見て、いつか行きたいと思っていた。これはちょっとやそっとじゃ理解不能だが、祭りの濃さの原型のひとつがたっぷりと感じられる。オラは完全に魅了された。




b0207218_242964.jpg
角館へ着いて駅にも寄ってみたら、ちょうど こまち が到着していた。

b0207218_243981.jpg
すぐれた画像はネットにもたくさんあがってます。まったくいたらない写真だが、今回は、祭りの説明でまず出てくる「交渉」というのを。

b0207218_2454582.jpg
ほかの曳山が近づくと、進行をどうするか相手と交渉し、仲間と打ち合わせる。基本この繰り返しではある。

b0207218_2473639.jpg
手先のホームポジションに注目。これは町内を周って踊りを見せてご祝儀をいただき、相手先に礼を表すときにもする仕草。

b0207218_250277.jpg
曳山ぶつけは、暗くなって明かりを灯す頃になると始まる。ぶつけて組み合った状態で1時間以上もざら。周りは休んだりしているが、船頭はずっと上で威勢を張っている。すごい体力。

b0207218_2532043.jpg
本当に運行の概要を知れただけだったが、この空間に居れることだけで十分だった。気難しい祭りそうだが、そんなことはない。町の人も普通にいろいろ教えてくれるし、飲み食いたくさんできる時間も祭り。今年は半日しか居なかった。来年また行かせていただきたい。





= map =

by markatmark | 2012-09-14 06:00 | 祭り
<< 第89回増田の花火2012 -... 東能代駅と製麺所前と新型ノート... >>